おすすめの記事!

【鉄拳7】私がバーチャファイターから鉄拳へ移行した理由(3/4)

eSports通信 どんぶり

どーもどーも、どんぶりですっ!(=゚ω゚)ノ

格闘ゲームを新たに始める際にまずキャラクター選択がゲームを楽しんでいく上で重要となりますが、皆さんの中でキャラクターを決める基準はありますでしょうか?

ここ最近の自分自身でのキャラクターを決める基準ですが「不人気キャラを使う!」です。

稼働して間もない格闘ゲームであってもこのネットが普及したご時世なのでキャラクターの人気・不人気ぐらいはすぐ調べられますね。

どうして不人気キャラを使うのか?理由は単純「ネタで勝ちたい」のです!不人気キャラが故に情報の流通が遅く、わからん殺しが出来る可能性大!
鉄拳7でも「ラッキークロエ」をチョイス、ここわかってないんだろうな~という連携だけで大分お世話になっていたのも懐かしい思い出…

しかし決していいことばかりではありません。不人気キャラとされるにも理由があります。

「そもそも弱キャラである」

もちろん全てのゲームに当てはまることではありませんが、いろんなゲームを見てきて”弱キャラ=不人気”の傾向に気づかされました。
そりゃそうですよね?格闘ゲームですから勝ちを目指して皆さんプレイしているんですもんね?
ガンダムかザクか?どちらか選ぶのなら、世論は勿論ガンダムでしょうね。ザ、ザクをバカにしているわけじゃないんだからっ!

じゃあそんなキャラ使わなきゃいいじゃん?と皆さんお思いでしょう。
弱キャラを使うことにも多少なりともメリットがあるのです!

 

……

 

…………

 

全力で言い訳出来る!!!

 

 

例えば負けた時でも、
「ふっ、負けちまったな。しかしそれは俺が弱キャラを使っていたからこそ。弱キャラを使っていた時間を全て強キャラに使っていたら結果は逆転していたな。俺に感謝しろよ。」
と、(心の中で)フォローする口実が残されており、精神衛生上GOOD!!
強キャラを使っているときとはまた違った楽しみ方が出来るのです!

…これ以上は「ただのやばいやつ」という烙印を押されかねないのでこの辺で。

前置きが長くなってしまいましたが、今回は「鉄拳を1年プレイして感じた事」をいくつか書きたいと思います。

店舗間のオンライン通信対戦

鉄拳7を語るに欠かせないシステム、アーケード向け対戦格闘ゲームとしては初めての「店舗間のオンライン対戦」。
これによって、鉄拳7の筐体さえあればいつでも誰とでも対戦できるようになりました。

そしてオンライン対戦の特徴として、自キャラクターの段位を基準として近しい段位のプレイヤーをマッチングさせることで、「初心者狩り」というまず初めに立ちはだかる大きな壁を起こしづらくしました。

鉄拳7

自分も含め鉄拳7から始めたプレイヤーはより気軽にプレイすることが出来、概ね高評価となったのではないでしょうか。

段位の高いごくわずかな方は誰ともマッチングしないという状況も起こりうるので不満も残る形になりますが、全体を通して見てみるとユーザー・店舗・メーカー全てWIN-WINな関係性にさせたのではないでしょうか。

しかし、通信対戦によるラグの問題や予期せぬバグが発生等まだまだ問題は山積みです。

完璧に解決することはとても難しいとは思いますが、少しでも改善されるようこれからもメーカーには期待したいですね。

メーカーの対応が早い

稼働したてのゲームなんてバランスが悪いのは当たり前。
ネットワークシステムが整備された現在は細かくバージョンアップを繰り返し、ゲームバランスを整えていくというのが主流です。

鉄拳7も稼働当初は「シャヒーンやクラウディオのライトゥ系の技に確定が返し辛い」や「クラウディオの4LPがガードで⁻9は強すぎる」等、上げればキリがないですが、かなりの数の修正要望の声が上がっていました。

その声に対する対応がめちゃくちゃ早かった!ものの数カ月で技修正のバージョンアップの対応にはさすがに感動しました!
その後も新キャラが追加されてあまりにもおかしいところがあればバージョンアップ。自分の感覚がマヒってる可能性もありますがw

今現在の鉄拳7で完成されたというわけではなくむしろまだまだ修正してほしい点があるとは思いますが、そこは来月出るであろう鉄拳7FRで上手いこと調整してくるでしょう!

メーカーとユーザーの距離感

去年開催された「MASTERCUP.8」や「THE KING OF IRON FIST TOURNAMENT 2015」といったプレイヤーが輝く大会にメーカーがとても積極的!

鉄拳

 

別記事でも紹介しましたが、個人のユーザー主催のイベントに対しても非常に協力的!

 

鉄拳は個人的に「メーカー」と「ユーザー」がものすごく近いと感じます。

しかし全メーカーがこういった姿勢を取るとは限りません。
この環境を大切にし、「メーカー」と「ユーザー」が協力してより一層盛り上げる努力をしていく限り鉄拳は廃れないでしょう。

 

 

 

とまぁ真面目っぽく色々語りましたが、特に中身がないのがバレてきたところでお時間です。

私Twitterもやっておりますのでよろしければフォローよろしくお願いします!
@donburiblaze

The following two tabs change content below.
どんぶり

どんぶり

「バーチャファイターシリーズ」を14年プレイしていて、エルブレイズ業界では5本指に入るベテランプレイヤー。最近では「鉄拳シリーズ」といった3D格闘ゲームをメインにプレイしている格闘ゲーマー。

関連記事

  1. キャラいないオフ会

    【鉄拳7】6/18開催「キャラいないオフ会」結果&動画

  2. 闘神祭 2016

    闘神祭2016開催決定!格ゲー5タイトルを発表!

  3. キング吉光合同オフ会

    【鉄拳7】6/11開催「キング吉光合同オフ会」結果レポート

  4. 鉄拳7FR

    【鉄拳7FR】遂にFR稼働日公開!賞金総額1000万のあの大会も

  5. 巣鴨杯

    【鉄拳7FR】お得情報あり!7/2(土)巣鴨杯結果レポート

  6. ブレイブルー

    eスポーツプロチーム 名古屋OJAとナチュラルズ北海道に加入が発表された『ブレイブルー』選手

  7. 鉄拳7FR 豪鬼

    【鉄拳7FR】新キャラクター”豪鬼”対戦動画まとめ

  8. eSports通信 どんぶり

    【鉄拳7】私がバーチャファイターから鉄拳へ移行した理由(2/4)

  9. image9

    キャンプ場でゲーム?富士山ふもとっぱらでスト5イベントが開催!

人気のRSS

最近の記事

  1. シャドバ 新カード バハムート降臨
  2. シャドバ 新カード『シーフ』『バハムート』『クリスタリア・リリィ』
  3. シャドバ 新パック 新カード8枚の詳細情報
  4. esportsnews
  5. tekken
  6. 日本eスポーツリーグ NTTデータ
  7. ウイニングイレブン2017 eスポーツ専用モード追加
  8. 日本eスポーツリーグ
  9. 日本eスポーツリーグ 2016 Winter
  10. スペシャルフォース2

特集記事

  1. オーバーウォッチ 最速
  2. ジャネット
  3. オーバーウォッチ大会 
  4. オーバーウォッチ 始め方
  5. スクリーンショット 2016-05-21 0.19.55
  6. e-sportsとは

おすすめアプリゲーム

origin-1
マーベルツムツム

人気記事(2週間)

  1. シャドバ認証メール届かない
  2. 無題
  3. シャドウバース ロイヤル
  4. シャドウバース
  5. シャドウバース
  6. シャドウバース
  7. シャドウバース ビショップデッキ
  8. シャドウバース エルフ
  9. シャドウバース ネクロマンサー
  10. シャドウバース ウィッチ
  11. シャドウバース ドラゴン
  12. シャドウバース
  13. 無題
  14. 無題
  15. シャドウバース
  16. シャドウバース ヴァンパイア
  17. 無題
  18. スレッジエクソシスト
  19. top_cover
  20. マステマ 新カード
PAGE TOP