おすすめの記事!

【鉄拳7】私がバーチャファイターから鉄拳へ移行した理由(4/4)

eSports通信 どんぶり

7/5(火)の鉄拳7FR本稼働がとても待ち遠しいどんぶりですっ!(=゚ω゚)ノ

新キャラ「豪鬼」「ニーナ」に加え新システム「レイジドライブ」、ネットワークシステムの仕様変更等、とにかく変化が盛りだくさん!

さらにはEVO2016から始まり闘神祭、そしてバンナム主催の公式賞金大会と空前の大会RUSH!!

鉄拳7

ミーハーな自分にとってはこの盛り上がりが楽しみで仕方ありません!

これ以上書くと前回の様にダラダラといってしまうのでこの辺にして、今回は「鉄拳の今後について自分なりに考察」してみたいと思います。

厳しいゲーム業界と鉄拳

いきなり鉄拳から話が反れてしまうようで申し訳ないですが、まずパチンコ・パチスロ業界を見ていこうかと思います。

パチンコ・パチスロ業界は基本的に、

・メーカー
・パチンコホール
・ユーザー

の3点で成り立っています。

メーカーは台を作り、パチンコホールは台を調整し、ユーザーはお金を支払い遊ぶ。

このバランスが整っていたから成長し続けてきたのだと思います。

しかし昨今は、

映像技術の進化だかで1台あたりの価格が上昇。
それを買うホールが負担増なので調整を厳しく。
そんな調整では満足しないユーザーが離れていく。

結果としてパチンコ・パチスロ業界は、市場規模・店舗総数・遊技人口すべてにおいて右肩下がりとなっています。

業界を動かしている3つのうち、1つでもバランスが崩れてしまうと他にも影響を及ぼすことを証明しました。

 

アーケードゲーム業界もだいぶ近しいビジネスモデルとなっています。

・メーカー
・ゲームセンター
・ユーザー

見ての通り、パチンコホールがゲームセンターにすり替わっただけです。

メーカーのリリースする基盤が高くなればゲーセンに負担が。
ゲーセンがプレイ料金を高く設定するとユーザーに負担が。
満足度を得られないユーザーがゲーセン離れ。
ゲーセンにユーザーが訪れないので売上減、ゲーセンの数も減。
ゲーセンが減るのでメーカーがリリースするゲームが売れない。
結果として、市場規模が縮小となる。

鉄拳7
※アミューズメント業界の売り上げ推移

考察というより、悲しいことにもう既に起こってしまっていることですね。

そしてこれはゲームタイトル1つで取り上げてみても同じことが言えます。

バランスが崩れたゲームは余程のことが無い限り続編が出ません。
そりゃそうですよね?だってメーカーが儲からないんですもん。

鉄拳がそうならないために、ユーザー1人1人がゲームを盛り上げていくことが必須です。メーカーが協力的なうちに。

当たり前の様にリリースされていたシリーズの新作がもう出ない。
通っていた地元のゲームセンターが閉めてしまった。

今のゲーム業界ではいくらでもありえる話です。
自分の場所を守りたいならそのための行動をいち早く起こすべきです。

 

それでは締めの一句を。

いつまでも あると思うな 親と金と鉄拳

最後に

これまで色々書いてきましたが、結局のところバーチャが嫌いになったから鉄拳に移行したわけではありません。

続編の希望も無いままバーチャを続けていくのか…と打ちひしがれている時に新しく鉄拳7が出たから。要はタイミング

同時にバーチャの新作が出ていたとしたら喜んで飛びついて、もしかすると鉄拳に目もくれていなかったかも。

そのタイミングのおかげで今もなお格ゲーを楽しめており、鉄拳には非常に感謝しています。

せっかく鉄拳を触っているのだから、これからも一ユーザーとして鉄拳が盛り上がることを願っています。

 

気まぐれな駄文にお付き合い頂きありがとうございました。

鉄拳7

The following two tabs change content below.
どんぶり

どんぶり

「バーチャファイターシリーズ」を14年プレイしていて、エルブレイズ業界では5本指に入るベテランプレイヤー。最近では「鉄拳シリーズ」といった3D格闘ゲームをメインにプレイしている格闘ゲーマー。

関連記事

  1. 鉄拳7FR

    【鉄拳7FR大会情報】レジャーランド秋葉原にて荷捨(ニステル)杯開催

  2. 鉄拳王

    【鉄拳7】国内初!鉄拳王誕生の瞬間を収めた対戦動画

  3. evo2016

    【EVO2016】遂に日本人王者が誕生!2日目までの結果まとめ

  4. evo2016

    【EVO2016】世界最大のesports大会!最終日結果まとめ

  5. 闘神祭 2016

    【鉄拳7FR】闘神祭2016の追加タイトルとして鉄拳7FR参戦!

  6. capprot

    賞金総額5,000万以上!スト5「カプコンプロツアー2016」の出場条件とは?

  7. eSports通信

    【鉄拳7】ゼウガル氏による#一日一鉄は勝利へつながる情報が満載!

  8. 鉄拳7 ケロットカップ

    【鉄拳7】パチスロメーカー”山佐”協賛のケロットカップの結果

  9. 闘神祭 2016

    闘神祭2016開催決定!格ゲー5タイトルを発表!

人気のRSS

最近の記事

  1. HANAGUMI Ozone Gaming
  2. IGS ARENA In サイバック博多駅前店
  3. GUILTY GEAR Xrd REV 2(ギルティギア イグザードレヴツー)
  4. 日本eスポーツ選手権大会
  5. スペシャルフォース2
  6. World of Tanks
  7. ファミ通CUP2017
  8. eスポーツ 映画 ウィル・フェレル
  9. Dota 2
  10. 日本eスポーツリーグ オフライン決勝

特集記事

  1. オーバーウォッチ 最速
  2. ジャネット
  3. オーバーウォッチ大会 
  4. オーバーウォッチ 始め方
  5. スクリーンショット 2016-05-21 0.19.55
  6. e-sportsとは

人気記事(1ヶ月)

  1. エンシェントエルフ 描き下ろしイラスト
  2. ケルベロス
  3. 伊達政宗 ドラゴン
  4. クイーンヴァンパイア 描き下ろしイラスト
  5. シャドウバース
  6. シャドバ 新CM「ゴールデンボンバー雪だるま」篇
  7. シャドバ 新CM「ゴールデンボンバー酉年」篇が公開
  8. OPENREC シャドバ
  9. オーバーウォッチ国内最強決定戦
  10. ファミ通CUP2017
  11. BLACK SQUAD(ブラックスクワッド)
  12. eSportsニュース スペシャルフォース2
  13. オーバーウォッチのプロチーム Green Leaves
  14. ももち選手・ちょこ選手・ときど選手
  15. 日本eスポーツリーグ オフライン決勝
  16. オーバーウォッチの新コントロールマップ
  17. ウイニングイレブン2017
  18. eスポーツ 企業向けセミナー
  19. Dota 2
  20. eスポーツ 映画 ウィル・フェレル
PAGE TOP