おすすめの記事!

【調査結果】実際、オーバーウォッチはどれくらいの人数に遊ばれているのか?

オーバーウォッチ プレイ人数

大旋風が吹き荒れるオーバーウォッチ。

発売から一週間をむかえるいま、制作のブリザードエンターテイメント社からプレスリリースが発表になりました。

原文はこちら

サイトは日本語での表記になっていますが、そこは世界のブリザードエンターテイメント社。

格式高い翻訳のもとに記された日本語での表記です。

同社の超人気ビッグタイトル”ハースストーン日本語版”をほうふつとさせる、
”趣深い日本語”
は、ぜひとも原文でも読んで欲しいです。

そして、せっかく当ページにアクセスしていただいた読者の皆様方におかれましては、我がesports通信編集部の簡潔な要約も用意しておりますのでご覧ください。

オーバーウォッチは5/24から6/3の間で、700万人以上にプレイされた。

→PC版のアカウントについて言及しているものと思われる。PS版よりPC版のほうがプレイヤーは多そうですね。

ロンドン、西安、リオ・デ・ジャネイロ等等、世界の主要都市で遊ばれている。

→オーバーウォッチのマーケティングは、ブリザードエンターテイメント社でも想像以上の効果を上げているということでしょうか。

700万人以上にプレイされ、119万時間以上プレイ時間を誇る、歴史上最大のヒット作の一つとなった。

→119万時間のプレイ。人数は700万人。1プレイは6VS6の12人で行われる。
119万時間を700万人で割ると、ひとりあたり0.17時間。
すると

ひとり28分

というところでしょうか。
うーん。
700万人を1試合2チームの[12人]で割ると「58.3万人」になります。
こちらで計算すると
119万時間➗58.3万人=2.04時間
こちらのほうがしっくりきますかね?

オーバーウォッチは、一週間で700万人のプレイヤーにひとり2時間ほど遊ばれた

ことになりそうです。(編集部調べ)

かくいう私もゲームをちょうど購入しました。
一週間のプレイは、平均値からどの程度乖離があるのか?はたまた平均値なのか?

追ってご報告させていただきます。

The following two tabs change content below.
e-sports通信編集部

e-sports通信編集部

e-sports通信の編集部です。国内のe-sports業界の発展、みんなでつくるユーザーコミュニティを目指して、情報発信してまいります。寄稿者さん大募集中!

関連記事

  1. BLACK SQUAD

    eSportsニュース BLACK SQUAD 賞金100万円の公式大会「BLACKSQUAD PR…

  2. アナ

    【プレイ動画あり】オーバーウォッチの新ヒーロー「アナ」公開

  3. スプラトゥーン

    【攻略記事】ランクS沼を抜け出すために必要な4つの要素/スプラトゥーン

  4. オーバーウォッチ大会 

    【賞金100万】神プレイ!オーバーウォッチ大会の決勝動画が公開!

  5. special-force-2

    eSportsニュース スペシャルフォース2が冬季限定モード「雪合戦」とカスタマイズされたサブマシン…

  6. winston-screenshot-007.40XVJ

    【OW】韓国のオーバーウォッチプレイ状況が明らかに

  7. オーバウォッチ Tシャツ

    オーバーウォッチのTシャツやグッズが当たるキャンペーンの詳細!

  8. オーバーウォッチの新コントロールマップ

    eSportsニュース オーバーウォッチの新コントロールマップが無料配信開始

  9. spla_05

    【完売必至】爆売れじゃなイカ?スプラトゥーンのコンビニ一番くじの売れ行きがすごい

人気のRSS

最近の記事

  1. BLACK SQUAD(ブラックスクワッド)
  2. シャドバ ナーフ
  3. ファミ通CUP2017
  4. ゲーミングキーボード
  5. 任天堂Switch
  6. プロゲーマー専門学校
  7. 4484345945886e197d494e0028
  8. シャドバ大会
  9. BLACK SQUAD
  10. BLACK SQUAD(ブラックスクワッド)

特集記事

  1. オーバーウォッチ 最速
  2. ジャネット
  3. オーバーウォッチ大会 
  4. オーバーウォッチ 始め方
  5. スクリーンショット 2016-05-21 0.19.55
  6. e-sportsとは

人気記事(1ヶ月)

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP